11年ぶりの国内個展。 ジュリアン・オピーが紡ぐ、“点と線”の世界へ。

イギリスを代表するアーティストの1人、ジュリアン・オピーの個展が、7月10日より東京オペラシティ アートギャラリーでスタート。日本の美術館ではなんと11年ぶりの個展となる。


CONTINUE READING

Shared by: voguejapan